自然で整った生え際に!おでこの脱毛ですっきりしよう

おでこに光を照射してもいいの?

おでこ脱毛の範囲は、おでこ全体とこめかみの部分までです。おでこが毛深い人はここをすべすべにできるので、肌がくすんだように見えなくなりますし、ファンデーションのノリもキレイになりますよ。生え際の形が少しいびつだな…と悩んでいる人も、自分の好みのラインに修正できるので、気になる人にはおすすめ。このようにメリットが一杯あるおでこ脱毛ですが、こんなところにメラニンにダメージを与える光を照射してもいいのか、気になりますよね。特に髪の毛がダメージを受けて禿げてしまわないか、心配している人は多いようです。おでこ脱毛時には、おでこ以外はしっかりタオルで保護してくれますし、ちゃんと産毛だけを処理するようにしています。おでこは神経が多く走っているので、脱毛時に痛みを感じやすい傾向があります。効果がゆるやかですが、光脱毛の方が負担は少なめですよ。

顔のバランスを考えて、理想のラインに

おでこ脱毛を成功させるには、顔全体のバランスを考えて処理することです。顔全体の3分の1くらいが最適だと言われています。産毛をすべてなくしてしまうか、脱毛した感じを薄れさせるためにあえて少し産毛を残すかどうかも、本人の自由です。バランスなどを考慮しながら、具体的にどんな生え際にするか決定します。最も人気が高いのは、まるで弧を描くかのようなラインですが、もともと生え際の形に合わせてM字にした方がいい人もいます。産毛は太い毛に比べて脱毛の難易度が高いですし、毛によって毛周期が違うので、脱毛初期は生え際がやや崩れることもありますが、光を繰り返し照射しているうちに理想のラインに変身できますよ。

脱毛は何度も施術を繰り返すことで、ムダ毛が生えてこない状態へと変えていきます。そのため、通いやすい立地にある脱毛サロンを選んでおくことがおすすめです。