自宅でもできる「ニキビ跡」の治し方とは?

みんなの天敵「ニキビ跡」!

ニキビを潰してしまったときにできる傷や炎症などによって残ってしまう「ニキビ跡」。これがなかなか直らなくて、「一生残ったままなのかな?」と困ってしまうことってありますよね。けれども、現代ではニキビ跡の種類によって工夫すれば、自宅でも治すことができるようになってきました。今回は自宅でもできるニキビ跡の治し方を紹介していきます。

「ニキビ跡」にはどんなものがあるの?

「ニキビ跡」は、ニキビが繰り返し同じ場所にできることによる肌へのダメージの蓄積が原因で、皮膚の深層部分の組織が壊されてしまうことで、ニキビが跡となって残ってしまうのです。ニキビ跡の種類には、ニキビができた場所の毛穴周辺がうっ血することによる「赤みが残るタイプ」、皮膚組織が壊されてできた「凹凸ができるタイプ」、色素が沈着あるいは内出血したことでできる「茶色や紫のシミになるタイプ」があります。なかでも凹凸型は特に治りにくいとされています。

ニキビ跡の治し方とは?

赤みの残るニキビ跡には、高い抗酸化作用を持つビタミンCが配合されたケア商品を使うのが良いでしょう。ビタミンCにより、酸化したメラニンを還元し、肌の調子を整えてくれます。また肌バリア機能を元に戻す必要があるため、保湿ケアなどもおすすめです。凹凸ができるニキビ跡については巷ではレーザー治療などが人気ですが、逆に肌を傷つけてしまう可能性もあるため、長期間にはなりますが、新陳代謝を高めるなどをして肌が本来持っている自然治癒力を高める方を重要視することをおすすめします。

医療の発達により、ニキビ跡も簡単に治せるようになりました。ですがもう一度、普段の生活習慣やケアの方法を見直すことが、ニキビ跡が治りやすくするポイントです。

ニキビの跡で悩んでいる人は多いといえるでしょう。最新のニキビ跡の治療は、治療費も安くて安全に行えます。