無理なく産後ダイエットに取り組むポイント

ダイエット外来を利用した減量法

産後ダイエットに健康的に取り組むうえで、各地の医療機関のダイエット外来を訪れることにより、専門の医師から適切なサポートを受けることが可能です。特に、お腹や二の腕の周りの皮下脂肪が気になる産後の女性は少なくありませんが、太りにくい体質を目指すにあたり、生活習慣を定期的に見直すことが大切です。また、肥満傾向にある場合には、医師の指示に従って有酸素運動や食事制限などを心がけることで、無理なく減量効果を期待することができます。その他、ダイエット外来の医師の判断や患者の希望により、内服薬を用いた減量法が採用されることがありますが、リバウンドや副作用などに配慮しながら、焦らずに治療に取り組む必要があります。

脂肪吸引で産後ダイエットをするメリット

脂肪吸引は、今や一般的な痩身法の一つとして人気が高まっており、産後ダイエットのために施術を受ける人も目立ちます。とりわけ、皮下脂肪が固くなっている部位に関しては、運動や食事などに気を使ったところで、減量効果を期待できないことがあるため、脂肪吸引の施術の有用性について、しっかりと担当の医師に説明を受けることがおすすめです。一般的に、脂肪吸引の施術の効果は、術後すぐに現れるため、手っ取り早く理想的なスタイルを目指すうえで、魅力的な方法として扱われることもあります。なお、美容外科の専門医による施術を受けられるクリニックを選ぶことで、副作用や後遺症などの心配なく、最後まで脂肪吸引にチャレンジをすることが可能です。

産後、思い通りに体重が減少しないことや、ぽっちゃりしたおなかが元に戻らないことを気にする女性は多くいます。そんな悩みを持つ人が取り組む産後ダイエットは、産後半年程度までが効果的です。