脇脱毛前の自己処理に注意!正しいお手入れで効果的な脱毛

脇を脱毛しているときのお手入れは?

ムダ毛が太くて濃く、露出しやすい脇は、女性にとって特に気になる部位です。そのため、サロンやクリニックでも脇の脱毛はとても人気があります。ただ、脱毛を始めたからといってすぐにきれいになるわけではないので、しばらくは自己処理をしなくてはいけません。この脱毛前の自己処理には気を付けなければいけないポイントがあります。なぜなら処理方法によっては、せっかく脱毛の施術を受けてもきちんとした効果を得られないことや、脱毛を断られてしまうからです。正しくお手入れして、効果的に脱毛をしましょう。

脇の脱毛前に避けたほうがいい自己処理方法

脱毛では、施術を受ける前日か二日前くらいに自己処理をする必要があります。この際はカミソリやシェーバーで剃って処理するのが基本で、それ以外の方法で処理するのはリスクがあります。まず、毛抜きでの処理はNGです。脱毛はムダ毛の黒い色素に光を反応させて行うため、抜いて毛根から処理をしてしまうと、施術を受けても脱毛の効果が出なくなってしまうからです。また、毛抜きによる処理では毛が生えて抜ける周期「毛周期」が崩れ脱毛の効果的な周期と合わなくなったり、ムダ毛が皮膚の下に埋まったままになる埋没毛になりやすくなるなど、良いことがありません。毛を溶かして処理する除毛クリームは、その性質から肌への刺激もあり、肌荒れが原因で脱毛を断られる恐れがあります。少なくとも脱毛前の自己処理としては使わないほうがいいでしょう。さらに、推奨される「剃る」処理でも、肌を傷つけるやり方をしたりアフターケアを怠ることで問題が起きます。保湿などを忘れずに、丁寧な自己処理をしましょう。

永久脱毛を新宿で受けると、とても安い料金になります。永久脱毛をする事によって、ムダ毛の手入れをする必要がなくなります。