知っておきたい!わきがの治療法と病院選びのポイント

わきがの治療法には薬と手術の両方がある

ワキガの治療法は大きく分けると、薬による治療と手術による治療の二通りになります。薬による治療としてはまず、汗を抑える作用のある塩化アルミニウムを含有したスプレーやクリームを脇に塗るタイプのものがあります。飲み薬としては、多汗症の治療に使われるプロバンサインが代表的なものです。プロバンサインはもともと精神の薬ですが、発汗の指令を出すアセチルコリンの作用を止める働きがあるために、わきが治療に使われています。一方、手術によるわきが治療としては、電気針を脇に刺してワキガの原因となるアポクリン腺を破壊する方法や、アポクリン腺自体を除去してしまう方法などがあります。手術を受けた場合、傷跡が残ったり、脇毛があまり生えなくなったり、汗の出方が変わってしまうといった変化も覚悟しておく必要があります。また費用の方も、薬による治療と比べれば、高額になります。

病院選びで気をつけておきたいこと

わきが治療のための病院選びで大切なことが数点あります。まず第一に、カウンセリングをしっかりとやってくれる病院を選ぶ、ということです。わきが治療の中でも、手術による場合、良い病院ならば、後のトラブルを避けるために丁寧にカウンセリングをしてくれるはずです。また、手術後のケアを親切に行ってくれるかどうかという点でも、良い病院かどうかを見分けることができます。病院を選ぶ際の情報という点では、ネットの口コミや比較サイトなども活用して、幅広く情報収集するようにしましょう。

美容外科ではさまざまな美容整形が行われています。色々とある美容整形術の中でも、わきが手術があります。手術することで、完治できます。